クマの解消におすすめの月夜輝(つきよか)

肌に「コラーゲン」を取り入れることによる効果

「コラーゲン」とは、「セラミド」「ヒアルロン酸」と並ぶ
美肌に必要な3大要素として、広く知られるようになってから歴史のある成分です。

 

これらの成分は、その主な働きも共通していることが特徴であり
とにかく保湿のために、必要な存在であると言えます。

 

もともと肌中に存在することも共通しており、
セラミドより深く、ヒアルロン酸よりも多機能であることが挙げられ

  • 真皮
  • 軟骨

といった部分に、主に含まれています。

 

体の大部分の細胞に含まれている「たんぱく質」であると同時に、
スキンケアアイテムを含めた、様々な商品の「つなぎ」に利用されています。

 

それそのものが有効成分であると同時に、
その製品を作るために必要な「材料」でもあるのです。

 

この特徴こそが、衰えた肌を保湿するために非常に重要な要素と言えます。

 

大切なのは<働きの質>

 

コラーゲンを配合している、スキンケアアイテムは数多く存在し
むしろコラーゲンを配合していないものを探す方が、難しいとも考えられます。

 

その理由は、上記したように<そのアイテムを作るために必要だから>です。

 

そのため<入っている>こと自体には、それほど価値がないものであり
大切なのは、やはりその質・役割といった機能的な面になります。

 

定められた目的が決まっている成分よりも、より重大な役割を持っているのです。

 

注目すべきコラーゲンの質として、

  • 他の成分の邪魔をしない
  • 保湿効果がある

以上の2点を挙げることができます。

 

肌の奥には届きにくいからこそ

 

最近では、「飲むコラーゲン」といったものも広まっていますが
やはり<飲んだものがそのまま効く>というものではなく、
体の外側から利用することが、最もその働きを無駄なく活かせるものです。

 

多くの方が勘違いしやすい点として、コラーゲンを肌の奥に届ける
保湿能力を強化する、ということは現実には難しいと言えます。

 

肌を構成しているコラーゲン質は、「表皮」の奥の「真皮」という部分に存在しており
塗るタイプのアイテムでは十分に届かず、肌の力を強化することにはつながりません。

 

もちろん高品質なものであるほど、その保湿能力は高いものになりますが
基本的には、より表面部で活躍させる成分になります。

 

「最後の砦」を健康に保つ

 

そもそも、体の中に存在しているコラーゲンの役目とは
「皮脂・セラミドで奥止められなかった刺激」から、体を守る最後の砦です。

 

本来であれば、体内に存在しているコラーゲンは傷つけることなく
できるだけ表皮・表皮に近い部分で、受け止めることが必要です。

 

そして「刺激に強い肌」にするためには、水分を逃がさない(保湿)が重要であり
スキンケアアイテムに含まれるコラーゲンは、表皮上の水分の蒸発を防ぐこと
またアイテムに含まれる、その他の保湿成分を守ることという2つの役割があるのです。

page top