クマの解消におすすめの月夜輝(つきよか)

二重を作るためにできること

「美しい目」をイメージする際、また作っていく際には
「二重」という要素を、避けて通ることはできません。

 

「二重まぶたになりたい」という人は、「一重まぶた」の人だけでなく
「奥二重」と呼ばれる、<二重を作っている段差(溝)>が狭い人にも多くいます。

 

「二重が全てではない」と、言ってたところで「気休め」であり
おそらく諦めることはできないはずであり、そうであれば「なる」しかない
<二重を目指す>こと、「二重になる方法」を実践することが必要です。

 

何より、やはり魅力的な目を作るためには
一重よりも奥二重、奥二重よりも二重が必要と考える人が多いはずです。

 

そもそも「二重」って?

 

<二重>というと、瞼が二重に・段差を作っていることを思い浮かべますが
実際にただそれだけであり、ただそれだけで印象が全く変わるのです。

 

一重(奥二重)と二重を分けているものとは、皮膚が作る「溝」に過ぎません。

 

ですが、

 

この二重にも種類・傾向があり、「目の横幅」の<どこからどこまで>が
段差を形成しているのかによって、印象が変わってきます。

 

<奥二重>と呼ばれる形状に関しては、二重になっている部分の<横幅が短い>
もしくは、<溝が浅い>ものであるといえ、「軽度の二重」とも言えます。

 

「まつ毛」で印象が大きく変わる

 

そして一重と二重の違いというのは、<段差がある>だけではありません。

 

「まつ毛」の根本が、露出しているか・していないかも変わります。

 

一重の状態というのは、瞼がまつ毛の根本を覆っているため
「上向き」になりづらい一方で、二重の場合には根本が楽な状態のため
<バサッ>と、全方向に広がりやすい状態であると言えます。

 

これによって、「メイク」にも幅が出てくることになり
やはりあらゆる面で、二重が圧倒的に有利であることに違いありません。

 

一重を二重にする方法

 

で、一重(奥二重)を二重の状態にするの?ということですが
後付け(後天的に)「完璧な二重」にする、ということは確かに困難です。

 

しかしながら、<常に完璧な二重>と言える人は非常に稀です。

 

二重にも種類があり、何を持って「完全な二重」とするかは人それぞれですが
もともと二重の人であっても、奥二重になってしまうタイミングもあり
また「日替わり」で、一重・奥二重・二重に変わる人も珍しくはなく
そういったことからも、あくまで<二重の状態>にすることが大切なのです。

 

「二重のくせ」を作る

 

「整形」以外で、<ほぼ根本的に二重の状態>を作る方法は1つだけであり
それは「癖」を付けて、それを当たり前の状態にする」ということです。

 

「髪型」をし像じてみれば分かりやすいものですが
毎日同じ分け方をしている人というのは、「自然と」髪が分かれる「ものであり
毎日きつめのポニーテールをしている場合には、
こめかみが徐々に後退していき、おでこが広くなります。

 

それと同じように、<強制的に二重にする>ことで
二重を演出している溝を、「固定」させるのです。

 

そしてその際には、やはり「特別なアイテム」がどうしても必要になります。

 

出費にはなりますが、だからこそより効果的なアイテムを利用するべきであり
数ある「二重アイテム」の中から、慎重に選ぶ必要がありますが
ぜひ以下の2つのアイテムから、どちらかを選んで欲しいと思います。

 

ナイトアイボーテ

 

>>「ナイトアイボーテ」の公式サイトを見てみる

 

プレミアムパーフェクトアイセット

 

>>「プレミアムパーフェクトアイセット」の公式サイトを見てみる

 

結局は努力することが大切

 

一重だと思っていたけど、<実は奥二重だった>というケースもあり
そういった人には、ぜひ実践して欲しい方法です。

 

「二重になりたいな」と思っている・思っていたのであれば
そこかのタイミングで挑戦してみるべきであり、どうせやるなら「今」やりましょう。

 

またその際には「正しい癖」を付けるため、必ず「専用アイテム」を利用し
「セロテープ」といった、自己流の決して手段はとらないようにしましょう。

page top