クマの解消におすすめの月夜輝(つきよか)

目元はどんな要素で作られるの?

徹底的に「美しい目」を作るためには
「目」というパーツ・組織についての
知識を身に着けておくことも、必要であると言えます。

 

しかしながら、

 

美容に関する話題の中で、目について扱われる際
それは「眼球」のことではありません。

 

眼球に関して言えば、大きさ自体には大した個人差はなく
瞳の色・虹彩の大きさは、それこそ<変えられないもの>と言えます。

 

これらを変えるためには、「カラーコンタクト」等といった
「装飾アイテム」に頼るしかなく、根本的要素に関しては
努力や工夫といったものでは、どうにもならないものと言えます。

 

つまり、

 

美容に関するトピックの中で語られる<目>という組織は
実は、そのほとんどが<目の周りの組織>ということになります。

 

目の周囲の皮膚の状態で決まるカタチ

 

目の周りの組織というのは、「肉」であり「肌」であり
それらが織りなす、「一重・二重」や「色・質」になります。

 

好みの問題もありますが、一重と二重では
基本的に<二重>が好まれる、美しいとされており
それは<目として認識される面積>が、大きいことが影響するはずです。

 

目元を美しく魅せる要素とは

 

美容トピックにおける目が、<眼球>ではなく
その外側の<眼球を包む組織>であるとするのであれば
結局、<どこからどこまで>頑張ればいいのか?ということになります。

 

これは、明確な線引きができないものではありますが
「眉毛」や「頬の肉」そして「鼻筋」といったものに関しても
目元の印象を決定づける、無視することができないパーツと言えます。

 

特に<眉と眉の間の面積>等は、特に目元の印象が変わるポイントであり
また体全体・顔全体が太っている人というのは、頬の肉によって目元が圧迫されることで
「腫れぼったい」状態になり、<相対的に目が小さい>という印象を抱かせてしまいます。

 

「痩せたことで目が大きくなった」という現象は、珍しくないものです。

 

顔全体の印象の改善

 

結局のところ、

 

目の印象を多少にも・劇的にでも変えたいいのであれば
顔全体、顔を構成する組織の1つ1つを向上させる必要があります。

 

ただし、どれも「骨格」を変えることは難しいものであり
やはり<変えられる要素>を、変えていくしかありません。

 

上記したように、ただ痩せただけで「整形したの?」というくらいに
印象が変わってしまうことは、よくあることと言えます。

 

これは「余計なもの」を、全体的に取り除いた結果です。

 

それと同時に、目元の印象をよくするということは
顔全体の印象、つまり「美醜」に影響することでもあります。

 

つまり、

 

<目元が綺麗>になっていく、ということは
「美人」に近づいていく、ということでもあるのです。

 

「二重まぶた」にする方法とは

page top